双極性障害のⅠ型とⅡ型の違いから理解するようにしましょう

うつ病から起こる症状

ドクター

多くの方々に認識されているうつ病ですが、このうつ病の特徴として気分が落ち込んでしまったり、以前まで取り組んでいた趣味に全く興味を示さなくなるなどの症状があります。これはうつ病の典型的な症状で、悪化していくと食欲低下や不眠といった症状に発展していくのですが、さらに悪化すると自ら命を絶とうとしてしまうこともあるのです。このうつ病の症状とは正反対に普段の行動では考えられない突拍子もない行動を取ったり、やたら気分が高まり何でも出来るような気分になって、それを邪魔されると苛立ちを見せるような状態を躁状態と呼びます。躁状態はうつ病の症状とはほとんど真逆になり、口数が減っていく抑うつ状態に比べて永遠としゃべり続けるようになります。また観念奔逸という症状では次々に頭のなかで物事を思いつき、それを実行しようとしても更に思いついたことに妨げられて一向に本題に進めなくなってしまう症状になっています。

双極性障害と呼ばれる病気はうつ病のような抑うつ状態と興奮が止まらない躁状態が繰り返し行われたり、普段日常生活を送っているような状態に戻ったりする病気になります。特に普通の状態もあるということで病気の発見が遅れてしまったり、双極性障害と診断するのが難しくなってしまうのです。一度発症してしまうと診断するのは容易でそれだけ目立つような行動を取ります。ハイテンションな躁状態と異様なほど閉ざしている抑うつ状態が短い時間で交互に繰り返される状態が特に危険視されているのです。初期の段階では、比較的長い時間で躁状態と抑うつ状態を交互に繰り返します。ですが、症状が悪化していくと、躁状態と抑うつ状態の入れ替わる時間も短くなってくるのです。段々と短時間で症状が入れ替わるようになるので、周囲にいる方も様子がおかしいと思うようになるでしょう。さらに、入れ替わるスパンが短くなるだけではなく、症状も激しくなります。躁状態と抑うつ状態の差が激しくなってくるのです。

双極性障害は一般的にうつ病とは違う病気として考えられています。うつ病とよく似た症状が現れることがあるので、混同されやすいのです。治療については、精神科や心療内科などで行なうでしょう。治療を行なう医療機関については、うつ病と変わらないのです。また、双極性障害もうつ病同様で、再発しやすい病気として知られています。再発予防については、力を入れるようにしましょう。精神疾患の治療は長期に及ぶことも多いからです。事前にしっかりと予防しておくことが大切になってきます。2つの症状が交互に入れ替わる精神疾患なので、初期段階では自覚しにくい特徴があるでしょう。放っておくと、精神状態が不安定になり自殺を実行することがあります。死に至る病気として認識することが大切なのです。