双極性障害のⅠ型とⅡ型の違いから理解するようにしましょう

治療方法

ウーマン

双極性障害の治療方法としては、精神療法と薬物療法を同時に行ないます。メインになるのは薬物療法でしょう。基本的に精神疾患の治療は、症状が現れてから早く行なえば行なうほど治療しやすくなります。正しい治療を行なうことで、しっかりと症状を抑えることができるのです。基本的に症状をコントロールしながら、日常生活を楽しむことができるようになるでしょう。まずは治療方法について勉強するようにします。そうすることで、万が一治療が必要になった場合でも、スムーズに治療を行なうことができるのです。一般的に双極性障害の治療は躁状態と抑うつ状態からの脱却、そして再発防止が目標となるでしょう。精神疾患は再発する度に症状も重くなります。また、再発すればするほど、再発までのスパンも短くなってくるのです。最初の治療でしっかりと再発防止に努めなければなりません。その為、再発防止には一番力を入れる必要あるのです。まず、薬物治療ですが、長期間に渡って薬物を服用する必要があるでしょう。一般的に精神安定剤や抗精神病薬を使用します。精神疾患の場合、患者自体が病気を受け入れられないことが多いでしょう。ですが、きちんと病気と向き合わなければ、薬物治療を続けることができません。自分が病気だと認めていない方は、薬物治療を放棄してしまう可能性が非常に高いのです。薬物治療は長期的に続けなければ意味がありません。薬物治療を長期的に継続できるように、しっかりと病気と向き合うようにしましょう。薬物治療を続けることで、症状も安定してきます。症状を安定させることができるようになれば、社会復帰することも可能となるでしょう。気分安定薬が双極性障害を治療する上では基本となります。躁状態と抑うつ状態のどちらにも一定の効果を発揮することでしょう。また、抗精神病薬を併用することで、より効果を高めることができます。病気の治療には、薬物治療だけではなく精神療法を用いるでしょう。基本的に心理社会的治療を行なうのです。心理教育を施すことで、精神疾患に対して正しい理解ができるようになります。これは、病気をコントロールするのに重要な役割を担うでしょう。また症状や気分の変化、睡眠を記録することで客観的に症状を見つめることができます。家族療法や認知療法も効果的です。家族が精神疾患に対する理解を深めることで、患者のサポートを行なえるようになります。サポートする側も精神疾患に対して正しい認識を持つようにしなければ、きちんと患者をサポートすることができず間違ったサポートをしてしまう恐れがあります。認知療法は、否定的な考えを改めるのに役立つでしょう。物事に対する捉え方を変えることができます。何かができなかったではなく、何かはできたと考えるようにするのです。双極性障害の抑うつ状態を乗り越えられるようになるでしょう。