双極性障害のⅠ型とⅡ型の違いから理解するようにしましょう

治療方法

ウーマン

双極性障害を治療する場合は、薬物治療と精神療法を用います。基本的に薬物治療は長期間に及ぶでしょう。病気の再発防止に役立ちます。薬物治療と並行して精神療法を施すことで高い効果を発揮するのです。

More...

Ⅰ型とⅡ型

男性

双極性障害にはⅠ型とⅡ型があります。この違いを知っておくことが大切になるでしょう。基本的に、Ⅱ型の方が多いと言われています。ただ、Ⅰ型とⅡ型はどれも躁状態と抑うつ状態を交互に繰り返す病気です。Ⅰ型とⅡ型に分ける基準は、日常生活に支障をきたす程度とされています。一般的に躁状態では気分が高揚し、万能感を感じるでしょう。根拠のない自信も湧いてきます。抑うつ状態では、気分が落ち込み塞ぎ込んでしまうのです。そして、躁状態が日常生活に支障をきたすのがⅠ型で、あまり支障を来さないのがⅡ型とされています。つまり、重度の双極性障害がⅠ型で、軽度がⅡ型なのです。また、Ⅱ型の躁状態は軽躁と呼ばれます。酒に酔った時のような軽い高揚感を感じるでしょう。ただ、Ⅰ型の場合はうつ状態が殆どない場合でも双極性障害として認められます。これは、躁状態の症状が重いので日常生活に著しい支障をきたすからです。一般的に、躁状態と抑うつ状態が伴った病気と認識されることが多いでしょう。Ⅰ型の場合は、抑うつ症状が殆どない場合もあるので病気だと気付きにくいのです。単純に、気分が高揚してはしゃいだ後に疲れただけのように見えるでしょう。ただ、躁状態が激しいので周囲の人間には多大な迷惑を掛けることが多いのです。態度が大きくなり、人の話を聞こうとしません。これは、気分が高揚することで、絶対的な自信を手にするからです。自分に自信が持てることで、他人からの指摘を受け入れられなくなります。自分が絶対で正しいと思い込むのです。そして、このような自信には全く根拠がありません。万能感を感じるようになり、他人に対して攻撃的になることもあるでしょう。また、軽度と言われているⅡ型ですが、抑うつ状態はⅠ型よりも激しいのです。基本的にⅡ型の方がⅠ型よりも衝動的に行動することが多いとされています。例えば、希死念慮が現われた時に、実行に移してしまう恐れがあるのです。Ⅰ型の場合は、躁状態が激しいですが抑うつ状態はそれほどでもないでしょう。Ⅰ型は希死念慮などが現れることも少ないのです。ただ、Ⅱ型は抑うつ状態が激しいので、希死念慮などのネガティブな感情が現れやすいと言われています。また、摂食障害やアルコール依存症、不安障害との合併症を引き起こしやすいのがⅡ型です。軽躁状態ですが、病気自体を軽視することはできないでしょう。さらに、うつ病と双極性障害は見分けが付きにくい病気として知られています。Ⅰ型は躁状態が激しいため見分けやすいのですが、Ⅱ型はそう簡単には見分けられないでしょう。うつ病の抑うつ状態と双極性障害の抑うつ状態を判断する基準は全く一緒です。Ⅱ型では抑うつ状態も激しいので、うつ病と間違われやすいと言われています。

思考パターン

男女

双極性障害など、精神疾患は再発予防が大切になります。特に、精神疾患の場合は思考パターンを変える必要があるでしょう。病気になりにくい思考パターンにすることで、再発を予防することができるのです。

More...

躁状態と軽躁状態

女性

双極性障害の症状として代表的なのが躁状態です。躁状態と軽躁状態があり、躁状態の場合は周囲に多大な迷惑をかけることが多いでしょう。また、当の本人にはその自覚がないので、改善されることがないのです。

More...

うつ病から起こる症状

ドクター

うつ病とは違う病気で双極性障害と呼ばれる病があります。2つの矛盾した状態が繰り返されるのが特徴になっている病気なのですが、この症状を放っておくと命に関わってくるでしょう。

More...